09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

オタク趣味な鹿児島ライダーの日常

CBR250R乗りのオタクな鹿児島ライダーの日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

週刊『ロビ』~Robi~51号組立 腕と足の動作テストをし、マイコンボードをボディに取り付ける 

週刊ロビ51号組立
ロビ51号組立1
やっと配送のペースに追いついた(゜o゜)

ロビ51号組立2ロビ51号組立3
今号では頭と腕のパーツについて変色と色移りがあったことでの交換パーツも付属。
ロビ51号組立4
今回は腕と胸部分のパーツだけだけど意外と数が多い(゜o゜)
頭部パーツの交換品は61号で提供されるみたい。
これによって冊子が2冊増えるんでバインダー5冊じゃ足りなくなったな。
まぁ別に、綴じなくても問題はないんだけど。
私のでも色移りとか起きてたんで交換しないとな。

パーツ交換は後回しにしていざ腕と足の動作テストを開始。
ロビ51号組立5
今回のテストで使うパーツ
ロビ51号組立6
勢揃いです。

まずは今号で提供されたSDカートをマイコンボードにセット
ロビ51号組立7
ロビ51号組立8

そして左足からテスト開始!
下準備
ロビ51号組立9
足のシャフトにヒップカバーを接続
ロビ51号組立10
足から出ているサーボケーブルをSD側から2番目のコネクタに接続
ロビ51号組立11
バッテリーをマイコンボードプレートの枠にはめ
ロビ51号組立12
ボードのコネクタに接続
ロビ51号組立13
すると・・・足が動き出した!
スイッチとかは無くバッテリーを接続した時点で動き出します。

動画とかあればいいんだけど出来ないのでその辺は公式動画とか見てね(゜レ゜)
同じように右足、左手、右手、と動作テスト。
それぞれ挿すコネクタの位置は違うから注意。
結果……全部動いた!!
よかった(^.^)
ただちょっと右足の動きがぎこちないというか、なんかモーターの音が変?他と比べてうるさい感じ。
今度分解してもう一回試してみよう。

最後は右ボディにマイコンボードを取り付けるんだけど
ロビ51号組立15
こんな感じに
その前に色移りのパーツを交換しないといけないので、その時に持ち越し(゜-゜)
スポンサーサイト

category: ロビ組立編 電子部品確認 46号~

cm 0   tb 0   page top

週刊『ロビ』~Robi~50号組立 動作テストの準備と確認をする 

週刊ロビ50号組立
ロビ50号組立1
今号では久しぶりに作業があります。
ロビ50号組立2
次号での動作テストへ向けバッテリー充電の準備をする。
今回のパーツ
ロビ50号組立5ロビ50号組立4

マイコンボードプレートにマイコンボードを取り付ける
ロビ50号組立6
マイコンボード中央の二つの穴をプレートの穴と合わせてネジで止めます。
ロビ50号組立7
こなあとはマイコンボードは使わないのでピンクの袋に戻します。
ロビ50号組立8
この袋には静電気、帯電防止の機能があるらしい。

充電の準備
電源ジャックケーブルをヒップカバーに取り付ける。
ロビ50号組立9
ロビ50号組立10
穴を合わせてネジ止めするだけ。

分電盤に保護シールを張る。
ロビ50号組立11
裏側部分に貼ります。
ロビ50号組立12
ロビ50号組立13
これは充電中ショートしないように接続部分を保護するため。

分電盤へケーブルを接続
ロビ50号組立14
コネクタの向きを間違えないように接続。
ロビ50号組立15

充電器の丸いジャックをヒップカバーのジャックに差し込む
ロビ50号組立16

これで順電の準備が完了
コンセントに差し込むと
ロビ50号組立17
赤くLEDが点灯する。
LEDが緑色になれば充電完了なのでコンセントから抜きます。
分電盤からもケーブルを抜いてピンクの袋に戻して保管しておく。
これにて次号での動作確認の準備が終了(゜-゜)

問題なく動いてくれよ~(゜レ゜)

ちなみの今号にはステッカーも付いてた。
ロビ50号組立3
このデザインをした人との対談がマガジンの方には載ってます。

category: ロビ組立編 電子部品確認 46号~

cm 0   tb 0   page top

週刊『ロビ』~Robi~49号組立 マイコンボードを確認する 

週刊ロビ49号
ロビ49号組立1
今号で確認するのはマイコンボード
ロビ49号組立2
マイコンボードがロビの動きすべてをコントロールする重要なパーツで人間で言うと脳に相当する。
ロビ49号組立4ロビ49号組立3
ロビのマイコンボードに使われているCPUは通常のホビーロボットが搭載するものに比べ数倍の処理能力を誇り、ロビのしなやか動きとコミュニケーション能力を実現しているらしい。

ちなみに今号はいつもよりお値段ちょっと高めで3990円。

category: ロビ組立編 電子部品確認 46号~

cm 0   tb 0   page top

週刊『ロビ』~Robi~48号組立 分電盤とヒップカバー 

週刊ロビ48号
ロビ48号組立1
今号もパーツの確認のみ
ロビ48号組立2
分電盤とヒップカバー
ロビ48号組立4
分電盤がバッテリー、電源スイッチ、充電器とそれぞれのケーブルを接続するためのパーツらしい。

クローズアップとして各サーボモーターのID番号が描かれたページも
ロビ48号組立3
今後のメンテナンスの参考に使える。

category: ロビ組立編 電子部品確認 46号~

cm 0   tb 0   page top

週刊『ロビ』~Robi~47号組立 ロビ専用の充電器 

週刊ロビ4号
ロビ47号組立1
今号ではロビ専用のバッテリー充電器の確認です。
ロビ47号組立2
ロビ47号組立3
バッテリーの時と同じく注意書きの書かれた紙がは入っているのでよく読んでおこう。
ロビ47号組立4
ちなみに充電器とバッテリーだけではまだ充電も出来ません。

category: ロビ組立編 電子部品確認 46号~

cm 0   tb 0   page top

ランキング

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。